グッチの歴史

創立者 グッチオ・グッチは帽子製造の家に育ちました。

グッチはロンドンのホテルでエレベータボーイとして働きながら上流階級のエレガンスを独自の感性で観察し、その後フィレンツェでアンティーク店、皮革会社で貿易マネージメント、レザークラフト会社で革の選別法やメンテナンスを学び、1921年満を持して高級ハンドメイド革製品をオープンしました。

以後、品質保証の為に世界初、デザイナーのロゴをあしらった「ダブルモノグラム」を発表し、クラシカルなグッチ独特のエレガンスを追及していきました。

ハリウッド映画の小道具に使われたことを機に「ローマの休日」のオードリーヘップバーンを初めJ・F・ケネディー夫人のジャクリーヌ・ケネディーも愛用しハリウッド代名詞ブランドへ定着していきました。

かたくなに守られてきた伝統、飽きることなく求め続けてきた品質の追求、そしてグッチ的モードなエレガンスは新作、旧作を問わずこれからも次世代へと受け継がれていく事間違いないといえるでしょう。
posted by GUCCI at 14:04 | グッチのバッグについての情報